2 -Ⅱ 勤務間インターバル導入コース

2 -Ⅱ 勤務間インターバル導入コース

勤務間インターバル制度を導入することを目的として、外部専門家によるコンサルティング、労務管理用機器等の導入等を実施し、改善の成果を上げた事業主に対して、その経費の一部を助成
(1)助成率
3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30 万円を超える場合は4/5を助成)
(2)上限額
インターバル時間数等に応じて、
①9時間以上11時間未満 80万円(一定要件の場合、最大320万円)
②11時間以上 100万円(一定要件の場合、最大340万円) など
(※詳細については詳細版パンフレットをご覧下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする