5 既存不適合機械等更新支援補助金 【労働基準局安全衛生部安全課】

5 既存不適合機械等更新支援補助金 【労働基準局安全衛生部安全課】

構造規格改正時に設けられた経過措置により最新の構造規格の適用が猶予され、最新の構造規格に適合しないものを所有する中小企業等に対して、買換え等に要する費用の一部を助成 ①1機あたり、補助対象経費(買い換え等の経費)と基準額(20万円)と比較して、少 ない方の額の2分の1
(複数の申請があった場合、同一申請者あたりの交付額の合計は30万円を上限とする)
②1本あたり、補助対象経費(買い換えの経費)と基準額(2万5千円)と比較して、 少ない方の額の2分の1
(複数の申請があった場合、同一申請者あたりの交付額の合計は50万円を上限とする。また、補助対象経費の合計が20万円を下回る申請は不可。経費の下限及び 補助額は令和元年度のもの)
①移動式クレーン構造規格に規定する過負荷防止装置を備えていない 既存の移動式クレーン(3t未満)の改修・買い換え等
②墜落制止用器具の規格に適合していない既存の安全帯の買い換え

①1機あたり、補助対象経費(買い換え等の経費)と基準額(20万円)と比較して、少 ない方の額の2分の1
(複数の申請があった場合、同一申請者あたりの交付額の合計は30万円を上限とする)
②1本あたり、補助対象経費(買い換えの経費)と基準額(2万5千円)と比較して、 少ない方の額の2分の1
(複数の申請があった場合、同一申請者あたりの交付額の合計は50万円を上限とする。また、補助対象経費の合計が20万円を下回る申請は不可。経費の下限及び 補助額は令和元年度のもの)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする