助成金のFAQ

助成金のFAQ

本来は、違いはありません。国や公共団体が返済不要で交付するお金について、『補助金』『助成金』などの名称が、バラバラに付けられています。

ただ、厚生労働省のものと、そうでないもので区別する場合があります。

厚生労働省が管轄する『助成金』
    • 雇用等に対する施策に対して補助がなされます。
    • 書類に不備等がなければ原則もらえます。
その他の『補助金』
    • 様々な施策に対して補助がなされます。
    • 雇用に対する施策を、厚生労働省以外が実施する場合もあります。
    • 書類に不備がなくても、もらえない場合があります。計画が優れているものだけ、『採択』されることになります。

原則、返済は必要ありません。ただ、不正があった場合には、返還することになります。意図せず不正・違法状態になってしまうようなことがないように、実施時に気を付ける必要があります。

いつでも申請することが可能です。ただし、制度がなくなってしまったり、大幅に変更される場合があるので、注意が必要です。

個人でも申請可能です。

助成金は、書類に不備がなければ、申請すれば必ずもらえます。

労災保険料

労災保険は、非常に安いです。月収20万円の給料の人なら、概ね月600円程度です。主な業種の保険料率は以下の通りとなっています。

  • 飲食業 0.3%
  • 美容業 0.3%
  • 印刷・製本業 0.35%
  • 通信業 0.25%
雇用保険料

雇用保険料も、非常に安いです。月収20万円の給料の人なら、概ね月1200円程度です。一般的な業種では、以下の負担になっています。

  • 従業員負担 0.3%
  • 会社負担 0.6%
社会保険料

社会保険料は、非常に高いです。例えば、平成31年(令和元年)、東京都では、月収20万円の場合、以下のようになっていました。

  • 健康保険料 9900円
  • 厚生年金保険料 18300円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする