労働条件に関する助成金

申請に関するコラム

[catlist name=’mono’ numberposts=’5′]

補助金の概要

補助内容
  • 使った対象経費の [ 2分の1 ] ~ [ 4分の3 ] が、補助金としてキャッシュバックされます。
  • 通常、最大 [ 1000万円 ]、グローバル展開のための経費なら最大 [ 3000万円 ] が支給されます。 
補助対象
  • 中小企業(個人OK)であれば、幅広く対象になります。
補助率
  • 小規模事業者 3分の2
  • 中小企業 2分の1
  • コロナ特別枠 3分の2 ~ 4分の3

[insert page=’hojo/hikaku’ display=’content’]

補助金をもらう流れ

申請モデル
ものづくり補助金 2020年11月締切分
2020年2021年2022年
11月1月2月1月2月3月
計画申請採択交付申請
交付決定
実績報告支給額決定
振込申請
入金

本補助金の補助対象


システムの構築費用
機械・装置の購入・設置費用
運搬の費用

加工・設計等の外注費

技術導入・専門家相談費用

知財申請・翻訳の費用

※コロナ特別枠では、販促費用等も対象になります。

作成書類の全体像

[pdf-embedder url=”https://hojokin.online/wp-content/uploads/2020/10/ものづくり補助金(必要書類).pdf”]

審査基準と計画書作成の視点

公表されている審査基準

[pdf-embedder url=”https://hojokin.online/wp-content/uploads/2020/10/ものづくり補助金(審査基準).pdf”]

審査基準の整理

技術面について
革新性補助金を出す価値はある?
課題解決補助金の活用で何が解決する?
達成度目標とゴールは明確?
技術力実現できる技術・経験がある?
事業化面について
体制実施のための人材や予算は十分?
優位性市場で類似サービスにつぶされない?
収益性投資を回収できる?費用対効果は?
計画性todoやスケジュールは明確?
政策面について
地域性地域経済の活性化につながる?
潜在性国内外での差別化が実現できる?
環境対応環境に配慮した内容?
コロナ対応コロナからの回復につながる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする